MENU

ブログ、Twitterのアイコン作成依頼してみませんか?ココナラで!【手順解説】

2020 4/30
ブログ、Twitterのアイコン作成依頼してみませんか?ココナラで!【手順解説】

ブログやTwitterのアイコンを誰かに作ってもらいたいと思っていませんか?

実は、この記事で紹介する「ココナラ」を利用すれば、誰でもアイコンを作ってもらうことができます.実際に私もココナラで作ってもらいました❗️

なぜなら、20000件以上のアイコン作成の依頼先があるので、自分の好みのデザインが必ず見つかりますよ!

この記事では、ココナラでのアイコン作成の依頼方法〜取引方法までの流れ、メリットやデメリットを解説していきます.

記事を読み終えると、ココナラでのアイコン作成依頼に悩むことがなくなり、そのほかの依頼も頼むことができるようになっちゃいます^^

目次

ココナラでアイコン作成依頼してみませんか❓

ココナラではブログやTwitterのアイコンの作成を簡単に依頼できちゃいます。

ココナラの特徴は以下の通り

  • クリエイターへの制作依頼から個人のお悩み解決までできるスキルのオンラインマーケット
  • やり取りはすべてアプリ内で完結できる
  • pro認定制度があり安心して依頼ができる
  • 値段は1000円

ココナラはこんな人におすすめ

あなたのアイコン画像あなた
ブログとかTwitterのアイコン欲しいけどどうしたらいいの?
あなたのアイコン画像あなた
できればあまりお金はかけたくない…
あなたのアイコン画像あなた
やり取りもめんどくさくない方がいいなー

こんな希望を叶えてくれるのがココナラです

私もすべてに当てはまっていて、今も頻繁に利用しています^^

ココナラでアイコン作成を依頼する

アイコン作成の依頼〜取引手順

簡単にアイコン作成の依頼から取引までの流れを説明します。

❶ キーワード『アイコン』で検索 →
❷ 気になった出品者を選択 →
❸ 『購入手続きへ』を選択 →
❹ トークルームでやり取り →
❺ 納品されたら評価

これだけです^^

登録は簡単、3ステップのみ!無料会員登録はこちら

ココナラの3つのメリット

実際に利用してみて感じたメリット3つを伝えますね。

①自分の理想のデザインを作成してくれる人が必ず見つかる

実際にキーワード『アイコン作成』で検索してみると…

アイコン出品者検索

なんと約20000件も見つかりました。

あなたの理想のアイコンを作成してくれる人は必ずいます。

費用を安く抑えることができる

ココナラに出品している方の多くは一般の方です。

実力がある方でも、値段は安くしていることが多いんです!

先ほどの検索の条件に『〜3000円』を追加してみると…

検索条件に3000円追加

アイコン作成出品者検索3000円以下

3000円以下の案件でも約15000件ほど

これなら費用をかけずに、アイコン作成を依頼できますね❗️

取引がすべてアプリ内のトークルームで完結するので簡単

ココナラでは依頼した後は、すべて専用のトークルームで取引することになります。

私が実際に取引した時のやり取りです。

トークルームのやり取り

私の場合は、

❶ラフ提案 → ❷修正依頼 → ❸清書 → ❹修正依頼 → ❺納品 

という流れでした。

依頼主がとても親切で分かりやすかったでです!

ココナラのクリエイターに依頼する

ココナラの3つのデメリット

次にデメリットについて書いていきます。

① アイコンが自分の思っていたものと違う出来になることも

これはよくありがちなことですが、出品者はプロの方ではないのでサンプルを見て依頼しても自分の理想とちがうものが出来上がることがあります。

それを防ぐために、必ずみて欲しいのがサービス内容に修正可能の記載があること!

② やり取りがスムーズにいかないことも…

これも出品者が一般の方の場合ですが、依頼が決定しても何日も連絡がないこともあります。

また、取引中もやり取りがうまくいかずストレスが溜まることもちらほら…

これを防ぐには、出品者の販売実績とレビューをみて、安心できる人に依頼をしましょう!

③Pro認定の出品者の価格が高い

アイコン作成の費用を抑えたい!という方のデメリットです。

Pro認定の方のクオリティーは素晴らしいですが、それなりに価格が高いです。

ココナラはあなたのして欲しいことを叶えてくれる

ココナラの魅力は

  • 簡単にブログ、Twitterアイコン作成を依頼できる
  • やり取りはアプリ内で完結
  • 費用は1000円〜

私は今でも月に何度か利用しています。

あなたの叶えたいことに使ってみてはいかがでしょうか?

無料会員登録してくわしくみる

この記事を書いた人

アラサー会社員

使い始めて10年のAmazon愛用者

お笑い好きで日々動画を散策しています。
(アンジャッシュ•オードリー/最近の注目はかが屋)

コメント

コメントする

目次
閉じる